新着情報

  • HOME »
  • 新着情報

入江ゆき 世界選手権代表決定!!

2019年7月6日(土)
世界選手権代表選考会プレーオフが埼玉県和光市総合体育館でおこなわれました。

【試合結果】
女子50kg級

入江ゆき(自衛隊) 6 ー 1 須崎優衣(早稲田大)


入江ゆき(北九州レスリングクラブOB)が、初の世界選手権代表に決定しました。

日米高校親善交流

2019年6月29日(土)
小倉商業高校にて「日米高校親善交流」練習会が行われました。

アメリカよりカリフォルニア州選抜が来日。
築城西高校にて合宿中のオセアニア代表選手も合流。

小倉商業高校・遠賀高校・東鷹高校・苅田工業高校が参加し、練習会・交流会をおこないました。

アジア大会 入江ゆき 優勝

レスリング・アジア選手権第3日(2019年4月25日 中国・西安)  
女子5階級が行われ、50キロ級は前年3位の入江ゆき(自衛隊)が48キロ級だった2015年以来のアジア王者に輝き、今大会の日本勢金メダル第1号となった。

1回戦から3試合連続テクニカルフォール勝ちして迎えた決勝では、昨年の世界選手権3位の孫亜楠(ソン・アナン、中国)と対戦。
アウェーの雰囲気に加え、入江の攻撃がポイントにならなかったり、不可解なパッシブ(消極性)を取られるなどの判定に悩まされながらも、6―4で逃げ切った。
 決勝ではスピードで相手を圧倒して6―1とリードしたが、最後に攻められて失点。それでも安定感は抜群で「(決勝は)思ったようには動けていなかったけど、緊張することなくできた。ここでの優勝は最低限だった。それをクリアできてよかった」と話した。  


女子50キロ級は世界女王の須崎優衣(早大)、16年リオデジャネイロ五輪金メダルの登坂絵莉(東新住建)ら強豪がひしめく激戦階級。世界選手権(9月、カザフスタン)代表が懸かる6月の全日本選抜、東京五輪代表争いと厳しい戦いが続く。

北九州市民スポーツ賞 受賞!

2019年2月15日(金)に
「平成31年 北九州市民スポーツ賞」表彰式がホテルクラウンパレス小倉にておこなわれました。

レスリング競技からは、5名の選手が選ばれました。

【市民スポーツ賞】
河口 清 (九州共立大学)

【北九州市民スポーツ奨励賞】
小石 亜紀 (小倉商業高校)
饒波 正眞 (九州共立大学)
山崎 翔馬 (九州共立大学)
山崎 雅也 (九州共立大学)





 

第16回 北九州レスリングフェスティバル

2019年2月9日(土)・10日(日)に
北九州市若松区ひびきの「北九州学術研究都市体育館」にて【第16回 北九州レスリングフェスティバル】が開催されました。
九州地方をはじめ、茨城県・高知県など「32チーム・311選手」が参加して行われました。

北九州市長 北橋健治 様
福岡県議会議員 吉村悠 様
北九州市議会議員 世良俊明 様
北九州市議会議員 吉村太志 様

も会場を訪れ、大会の開催を歓迎されました。


地元、北九州レスリングクラブが【団体優勝】を遂げました。
【団体2位】鳥栖レスリングクラブ
【団体3位】鹿島レスリングクラブ

大会【個人戦・最優秀選手】には、中学生男子の部 60kg級に出場し優勝した「菊田 創」選手(水戸市レスリングクラブ)が受賞した。

幼年・年長~中学生までのちびっ子レスラーが、2日間の熱戦を繰り広げていました。



» PDFはこちら

PAGETOP
Copyright © 北九州市レスリング協会All Rights Reserved.